contact_tel.png

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療法の基礎は、外用薬の塗布です。外用薬には、ステロイド剤の塗り薬・プロトピック軟膏それに保湿剤です。
ステロイド剤の塗り薬は、副作用が出るから使わないと言う人がいますが、そんなことはありません。きちんと医者の指示通りに塗っていれば、アトピー性皮膚炎は良くなって行くんです。それに、皮膚の保湿もとても重要なことです。麹町内科では、保湿剤としてはヒルドイドクリーム・ローション、それにヒルドイドのジェネリックであるビーソフテンローションを処方しています。1日2回全身に保湿剤を塗って保湿をします。
プロトピック軟膏は、週に1~2回塗るようにして下さい。ここまで出来れば、アトピー性皮膚炎の塗り薬は完璧に出来ています。
麹町内科では、この塗り薬に加えて、内服薬と注射でも治療します。内服薬は、皮膚のビタミン剤と云われているビオチン散にビオチンの
吸収を良くする目的でミヤリ酸と云う整腸剤とビタミンC、それに皮膚の痒みがあったら痒み止めに抗アレルギー剤を処方します。
アトピー性皮膚炎の注射は、皮膚のビタミンと云われているビオチンの注射です。アトピー性皮膚炎の痒みに、このビオチン注射が著効なんです。
アトピー性皮膚炎の患者さんでご希望の方には、週に1回のビオチン注射がお奨めです。そうすると皮膚の痒みが取れ、ビックリするほど肌の状態が良くなり、見違えるようになります。アトピー性皮膚炎の方は是非一度ご相談にいらして下さい。

ドクターズ・ファイル 本田英比古クリニック 自由診療専門サイト ドクタースマート
Tel.03-5276-2082