健康情報ブログ

contact_tel.png

2014.09.04更新



仕事で疲れたときや夏バテなどに、スタミナをつけるためよく食べられるにんにくですが、にんにくはにんにくでも、にんにく注射をご存知でしょうか?

スポーツ選手や芸能人が活力をアップさせる方法として紹介していることから広く知られるようになりました。
その名称に驚かれる方も多いのですが、もちろん、にんにく注射にはにんにくのすりおろしなどは入っておりません

 にんにく注射は以前、アリナミン注射という名称で呼ばれていました。
「アリナミン注射という名前なら聞いたことがある」という方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
では、なぜ「にんにく注射」という名前がついたのでしょうか。

にんにく注射の名前の由来とは?




その名前の由来として考えられるのは、にんにく注射はビタミンB1の注射なのです。

このビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルからにんにく臭がすることで、にんにく注射と呼ばれた、という説があります。
施術する病院によって、ビタミンB1の他に他のビタミンを加えているにんにく注射もありますが、麹町内科のにんにく注射は、ビタミンB1(アリナミン)のみの注射になります。

ビタミンB1は炭水化物からエネルギーを作り出すなど、体内で大切な働きをしています。
そこでビタミンB1の働きを見てみましょう!

にんにく注射に含まれている、ビタミンB1が不足すると?




ビタミンB1が不足してしまうと、体にさまざまな影響が出てきます。
近年ではあまり聞かなくなりましたが、ビタミンB1不足により引き起こされる病気に脚気(かっけ)というものがありました。
江戸時代から昭和初期までは、この脚気により命を落とす人も多くありました。

現代においてビタミンB1不足により引き起こされる症状としては、疲れやすくなる、筋肉が弱くなる、心臓に悪影響を及ぼす、といったことが言われています
また、インスタント食品ばかり食べている生活をしていると、脚気の予備軍となる恐れもあるので、健康のためにも、きちんとした食生活を送ることをオススメします。

どんな人に、にんにく注射がオススメ?




まずは、ふだんの食生活を思い返してみましょう。
以下にあげる食品を最近食べていますか?

【ビタミンB1が含まれている主な食品】
・玄米
・ナッツ類
・豚肉
・大豆、いんげん豆、えんどう豆 などの豆類
・卵 などがあげられます。

ビタミンB1が不足していると感じる方は、まずは食事から摂り入れてみてはいかがでしょか? 
アルコール摂取量が多い方、白米や麺や甘いものなどを多く食べる方(これらに含まれている糖類を多く摂取している方)、 生魚を大量に食べる方(生魚はビタミンB1を分解する働きがあるため)は、ビタミンB1不足となりやすいので、食事でも足りていないと思えたら、 麹町内科のにんにく注射でビタミンB1を補ってみてはいかがでしょうか?







投稿者: 麹町内科

ドクターズ・ファイル 本田英比古クリニック 自由診療専門サイト ドクタースマート
Tel.03-5276-2082