睡眠時無呼吸症候群

contact_tel.png

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、夜間の睡眠中に1時間に10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が5回以上繰り返される病気です。
いびきや歯ぎしり、睡眠中の呼吸停止、昼間の眠気、熟眠感がない(起床時に疲れが取れてない)、起床時の頭痛など症状はさまざま。生活習慣病とも密接に関係しています。
また、SAS特有の眠気は居眠り運転などによる交通事故を起こす危険があり、会社の大事な会議で居眠りしてしまうこともあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時の無呼吸は、のどの空気の通り道がふさがってしまうことで起きます。
ふさがる原因は、首周りの脂肪の沈着や扁桃肥大、舌が気道へ落ち込む、舌が大きい、鼻が曲がっているなどが挙げられます。
太っている人に多いと言われますが、あごが小さいために気道がふさがりやすく、やせているのにSASの方もいます。

治療法

治療法としてはまず、ご自宅でできる簡易検査を2日にわたり行ってもらいます。この検査は患者さんの睡眠の質と呼吸の状態を同時に測るもので、結果が悪ければ治療を始めます。
SASの治療は、内科的治療、歯科装具、手術に分けられます。私も実は無呼吸症候群で、患者さんのお気持ちがわかります。一緒に悩みを共有しながら話し合い、良い治療法を考えていきましょう。

ドクターズ・ファイル 本田英比古クリニック 自由診療専門サイト ドクタースマート
Tel.03-5276-2082